iPhoneが発売からの進化

アメリカで販売開始

iPhoneが最初に発売されたのはアメリカです。発売日である2007年の6月29日の早朝には、iPhoneの発売店であるAT&T直営店やApple Storeなどに長蛇の列ができ話題となりました。

iPhoneは、これまでのスマートフォンとは違い、タッチ操作をすることができるワイドスクリーンのiPodとして発表されました。また、iPhoneは、当時のAppleの主力商品であったデジタルオーディオプレイヤーのiPodに通話機能や電子メール機能、そしてインターネット機能を併せ持った、従来の携帯電話ではありえなかった、全く新しいスタイルの携帯型情報端末として爆発的なヒットを生み出しました。

日本国内では、通信規格が適合しなかったために、初代iPhoneの発売はありませんでしたが、当時の日本で主力となっていたガラケーのように物理キーボードが無かったことや、日本独自の携帯コンテンツを全く無視した使用であったために、iPhoneが日本国内で人気になることはないといった見方が一般的でした。しかし、そのような予想はすぐに否定されることとなります。一年後に発売された日本初上陸モデルは、すぐに日本人に受け入れられることとなりました。