iPhoneが発売からの進化

日本初上陸モデル

日本のiPhoneが初上陸したのは、アメリカで初代iPhoneが発売された翌年の2008年6月9日のこととなります。日本に初上陸したiPhone 3Gというモデルは、初代のiPhoneの半額程度の価格帯であったことや、すでにアメリカで多くのユーザーが愛用していたこともあり、高い注目を集めていました。しかし、当時の日本ではガラケーが猛威を振るっていたということもあり、NOKIAやブラックベリーなどのスマートフォンの代わりに買い求める方はいましたが、メインの携帯電話の代わりとして買い求める方の数はそれほど多くなかったように思われます。

その翌年となる2009年6月9日に発売されたiPhone 3GSでは、クセがあると言われたメール機能がより使いやすく改善されたために、徐々に利用者が増えていきました。また、初代iPhoneでは、インターネットを使用できるといっても、ページが開くまで非常に遅かったりしてやきもきさせていましたが、iPhone 3GSでは、非常にスピーディにページを開くことができるようになりました。もちろんインストールしたアプリの起動スピードも速くなっていますので、初代のiPhoneの不満は一気に解消されたことになります。