iPhoneが発売からの進化

コスパ最高なモデル

iPhoneは、徐々に高級路線への移行してきています。ここ数年では、10万円以上のモデルも珍しくなくなってきており、徐々に買い替えるペースが落ちてきている方も増えています。当然ながら2、3年前のモデルであっても、十分に日常生活において不満はないという意見も増えてきているのです。そういった意見もあり、以前は最新モデルしか選択肢がなかった方も、コストパフォーマンスを重要視して選ぶような傾向になってきています。しっかりとスペックを見極めた上で、どのiPhoneにするのかをしっかりと検討する人が増えてきているのです。

そんなコストパフォーマンスを重要視する方の中で、特に人気となっているのがiPhone SE(第2世代)です。このiPhone SE(第2世代)は、2020年の4月に販売されたまだ新しいモデルです。最新のiPhone 12シリーズには及びませんが、それでも従来のiPhoneシリーズの中ではトップクラスのスペックを誇るiPhoneになっています。4.7インチRetina HDディスプレイやiPhone 11 Proと同じチップのA13 Bionic、4Kビデオを撮影可能、Touch IDの復活、高い耐水性機能など、日常生活する上で十分すぎるスペックとなっています。価格も44,800円からと非常にリーズナブルです。