iPhoneが発売からの進化

ハイエンドモデル

2020年10月28日時点において、iPhoneの中で最もスペックの高いハイエンドモデルは、発売されたばかりのiPhone 12シリーズです。このiPhone 12シリーズは、「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」が発売されており、来月に「iPhone 12 Pro Max」と「iPhone 12 mini」が発売されることが決まっています。iPhone 12シリーズの中でも、最もコストパフォーマンスが高い「iPhone 12 mini」と、最もスペックの高い「iPhone 12 Pro Max」の発売が遅れたことは残念ですが、それでも「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」は、従来のiPhoneにはない高いスペックを誇るハイエンドモデルとなっています。

iPhone 12シリーズでは、ディスプレイが有機ELになったことによって、iPhone 11よりも色に深みが出るようになりました。このディスプレイは、セラミックシールドという技術によって従来の4倍ほどの落下耐久性があります。フレームの形状と相まって落下時の破損する確率を大きく減らすことに成功しました。また、ナイトモードでは、暗いところでも、より自然にキレイに撮影することができるようになったことも購入する大きな決め手となっています。